それもまた然り

それもまた然り

なんか好きなこといろいろ書いていくらしいですよ

寝つきが悪いから環境と意識を変えてみたらすんなり眠れて元気いっぱいになりました

夏は寝つきが悪くなりませんか?

息苦しいぐらいの熱帯夜、冷房の冷気、扇風機の風。いたるものが睡眠の妨害しているような気がします。このまま睡眠不足では夏バテから夏風邪のコンボを喰らって寝込んでしまう。あーつらい。

自分も以前から寝つきの悪さに悩まされてきましたが、いろいろと変えてみると昔と比べるてすんなり眠れるようになりました。そこで変えるべきは環境と意識だということに気づきました。

寝つきが悪い人もこの二つを変えれば、もしかすると寝つきがよくなるかもしれません。ご参考までにどうぞ。

 環境

f:id:soremomatashikari:20170810202025j:plain

まずは環境。つまり寝る場所です。

寝つきのいい人はどんな環境でも眠ることができるかもしれませんが、寝つきが悪い人はそうはいきません。環境の良い場所にしなければ、寝つきがよくなることがないばかりか、質の高い睡眠をとることができません。これはどんな場所でも眠ることができる人でもいえることだと思います。ですので環境はできるだけ整えるべきです。

温度

夏は暑く、冬は寒い。基本的に冷房や暖房をつけて寝る方が多いと思いますが、度が過ぎた温度設定は寝つきを悪くするどころか体を壊す原因になります。体感で少し涼しい、少し暖かいを守ったほうが体にもやさしいし、寝つきもよくなります。

後、夏場は扇風機を使いますが、直接体に風を当てるのも体を壊す原因になるのでやめたほうがいいです。それでも風がほしいときは風量を弱にして、扇風機を壁に向けるなどして直接風を浴びない工夫をしたほうがより自然に涼しくなって、風を意識することがなくなるので寝つきもよくなります。

寝具

物理的な要因で寝つきが悪い人がいるかもしれません。

  • 枕が合っていない(頭の負担が大きい)
  • 敷き布団が合っていない(体への負担が大きい)

これらの場合は寝つきを物理的に妨げられているので、すぐに変えることをおすすめします。家具量販店へ行けば種類豊富な寝具があるので、自分にぴったりな寝具と巡り会うことができますよ。

購入する際、枕は少し俯けなるくらい敷き布団は少し沈み込むくらいが丁度良いとされています。それでも分からないときは体を支えている背骨が真っ直ぐになっていることに気をつければぴったりの寝具を買うことができるはずです。

 

これで環境を整えることができましたが、寝つきの悪い人の中には環境が整っているのに眠ることができない人もいます。そんな人は意識を変えてみると寝つきが良くなるかもしれません。

意識

f:id:soremomatashikari:20170810205532j:plain眠ろうとしている時に何を考えるかということです。

眠りに落ちるときは意識を失っているので、つまりいかに意識を無意識に誘導するかということになり、これは考え方でなんとかなります。

不安なことは考えない

ネガティブなことは考えないことにしましょう。ネガティブなことを考えてるとあれやこれやを思い出してしまい頭が冴えてしまいます。

自分がよく陥ったのは「早く寝ないと明日つらいだろうな」と考えてしまうことです。この焦りは余計睡眠をほど遠いところへ追いやってしまう原因になっています。

その原因に気付いてからは「脳は起きているけど、体は眠っているし大丈夫だろう」と考えています。実際体を横たえると体は回復するそうなので、眠れないからといって体の疲れを不安視する必要はないかもしれません。

頭の中でいろんな情報を整理して眠気がくるのを待とう

不安なことに考えをさくぐらいなら、頭の中の情報を整理しておきましょう。人間こう意識しないと考えを整理できなかったりします。人のこと、明日の予定のこととかを再確認しましょう。なにを考えていたか忘れているのに、その考えていた行動は妙に冴えているのでオススメです。

人には睡眠の波もとい眠気があるので、いくら今寝たいからといっても眠れるものではありません。焦らずリラックスして頭の中の情報を整理しながら眠気を待ちましょう。

ここで起きて眠気を待とうとはしないほうがいいです。眠くなったときに眠っても眠気を乗り過ごすだけなので、ただただ布団の中で目を閉じていたほうがいいです。

眠気がきたら、意識を無意識に持っていこう

頭の中で情報を整理していると、今何を考えていたのだろうと思うときがきます。それが睡眠の波がやってきた合図です。

情報の整理はそこまでにして意識を呼吸に向けましょう。

呼吸は自分がしやすいやり方で大丈夫です。ゆっくりと全身の体を抜いて呼吸だけに意識を向け、眠気に全てを任せましょう。そうしているうちに呼吸はいつしか無意識でできるようになっています。後はそのまま眠りに落ちていけるはずです。

意識が戻ることがありますが、また呼吸に意識を向けて睡眠の波に乗れば問題ないです。もし眠気を逃してしまったと感じたならまた頭の中の情報整理に戻ります。眠気がくるころになると頻繁に眠気がくるので焦らずそれに乗って眠りに落ちましょう。

まとめると

環境を整えて、寝るときはあれこれ考えず、ただ頭の情報を整理することに努め、眠気がきたら呼吸に意識を持っていこうってこと。ただそれだけっす。

参考とか、アレンジする睡眠導入法の基本とかにお使いいただけると思うのでぜひ使ってください。使ってくださるとめっちゃうれしくて喜びます。眠ることは至福ですからね。みんなで至福を分かち合いましょう。

じゃあそういうことで